Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

健康を考えたダイエット方法の実践

健康といつの間にか進行する肝臓の病気

消化器系の病気で肝臓の疾患があります。肝炎という病気がありますが、これが慢性肝炎なのか急性肝炎なのかによっても違いが出てきます。慢性肝炎では肝臓細胞の破壊と再生が繰り返されますが、これによって肝臓は次第に繊維が増えて硬くなってきます。こいった状態が肝硬変になるのですが、必ずしもこうした症状に移行するということではありません。しかし、なってしまった場合には食欲不振になったり、全身的な倦怠感が襲ってきますので、何か不調かなと思っても単なる疲れからくるもだと思ってしまう人もいます。比較的症状が現れないまま進行するので、気をつけないといけないです。

肝臓が硬くなると肝臓への血液の流れが悪くなり、水分が腹水として腹膜にたまり、カエルのようなお腹になってしまいます。見た目でもお腹がカエルのように出てきている人は、内臓脂肪もそうですが肝臓の病気を疑ってみることです。食事療法では、幹細胞の再生や修復のためにも、タンパク質やビタミンなどを十分とっていた方が治りやすいです。タンパク質はカロリーのことを考えると、植物性たんぱく質をとっていた方がいいので、大豆などの食材から摂取することがお勧めです。特に健康のために豆腐料理などを積極的にとってみることです。

ピックアップ

Copyright (C)2017健康を考えたダイエット方法の実践.All rights reserved.